寒くなると空気が乾燥するので、それに伴って肌の潤い

寒くなると空気が乾燥するので、それに伴って肌の潤いも奪われます。水分が肌に足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水を念入りなお手入れを心掛けてちょうだい。

乾燥する時期のスキンケアのコツは普段よりしっかりと肌を潤すことです。寒い時節になると冷えて血が上手くめぐらなくなります。
血液の流れが良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)に支障をきたしてしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行の促進を心がけてちょうだい。実際血液の流れが良くなることで、代謝が上手くはたらき、美肌になりやすいのです。 スキンケアの基本として、まず初めに汚れを落とすこと、また乾かないようにすることです。

洗顔をきちんとおこなわないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。
さらに、肌の乾燥もまた肌を守っている機能を弱めてしまうことになるため、保湿を必ずするようにしてちょうだい。

しかし、保湿しすぎるのもよくないことです。
かさかさ肌で悩んでいるの場合、スキンケアが非常に重要になります。

誤った肌のお手入れは症状を悪化指せるので、正確な方法を理解しておいて下さい。

最初に、洗いすぎはタブーです。
皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)が気がかりになるからといって何度も何度も顔を洗浄してしまうと肌が水分を失ってしまいます。

反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝と夜の2回で足ります。

スキンケア化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)を選ぶときに迷ったら、お肌にとって刺激的な成分があまりふくまれていないということが一番大事です。

保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみや赤みを持たらすことがあり、成分表示を、充分注意しましょう。また、CMや口コミに飛びつかず肌に合っているかどうかなのです。